ももんがの樹になるニュース

気になったニュースをつづっていきます。

アフガニスタン 紛争での子ども犠牲者前年比30%増 『子どもと武力紛争』

【2014年7月3日 カブール(アフガニスタン)発】
国連事務総長による『子どもと武力紛争』年次報告書2013年が、7月1日、ニューヨークの国連本部で発表されました。アフガニスタンについては、紛争で死傷した子どもの数が、前年の2012年と比べて30%増加していることが明らかになりました。

2013年にアフガニスタンで殺害された子どもは少なくとも545名、負傷した子どもは
1,149名に上ります。これらの子どもたちは、紛争に関わるすべての勢力の行動による
被害を受けたのです。子どもの死傷の原因の多くは、簡易爆弾や不発弾、地雷による
ものでした。

紛争勢力による学校や保健施設への攻撃、また、武力衝突における間接的な打撃も
続いています。治安が不安定なことから、539校が一時的または常時閉校しており、
その影響は子どもたちおよそ11万5,000人に及びます。アフガニスタン南部では、
こうした影響が最も顕著に表れています。殺害や負傷、誘拐または脅迫を受けた教師や医療関係者は、2013年に60名以上に上ります。

紛争勢力は、戦闘員やその他の目的のために子どもを徴用しており、大きな問題と
なっています。2013年、少なくとも97件の子どもの徴用が登録されています。

ユニセフ・アフガニスタン事務所代表のアクヒル・イヤーは次のように述べました。

「子どもの犠牲者が明らかに増えていること、長らく紛争が子どもたちの安全や健康、
教育に甚大なる影響を及ぼしていることを大変憂慮しています。ユニセフは、紛争に
関わるすべての勢力に対し、国際人道法に基づき、子どもたちを保護すること、また
保健や教育、その他の重要な社会サービスを阻害するすべての行動を慎むことを、
強く求めます」


■ 参考情報:『子どもと武力紛争』年次報告書 2013年

報告書の要約と全文(英語)は、以下でご覧いただけます
http://childrenandarmedconflict.un.org/press-release/secretary-generals-annual-report-on-children-and-armed-conflict-documents-continued-child-suffering-in-23-conflict-situations/

子どもと武力紛争 ウェブサイト http://childrenandarmedconflict.un.org/